赤さんを待つ日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ採卵!(前編)

 昨日はBrilliant初の採卵Brilliantでした。
前日20時から絶飲食だったため、
喉が渇いて渇いて仕方ありませんでした。
緊張で口の中が渇くしさ~。


7時40分頃クリニックへ到着。
受付で同意書・戸籍抄本を渡し、個室に通されました。


寝巻きに着替え、まず血圧・脈拍をはかります。
その後、麻酔が効きやすくなる注射をしてもらい、点滴の針を刺します。
心電図のテープ(?)をペタペタと三箇所に貼られました。
ダンナちゃんがそばに居てくれたので、心強かったです。


とうとう、私の名前が呼ばれました。
看護士さん2人につきそわれ、採卵室に向かうと
いつも内診で使うような椅子が置いてありました。


私が行っているクリニックは局所麻酔で採卵をします。
局所麻酔でも痛いと看護士さんから聞いていたので
超ビビってました。
座薬を入れ、麻酔の注射をして
いよいよ採卵開始です。ばってん
子宮

緊張すると卵巣が上に上がってきてしまうので
骨盤の辺りは力を抜くように何度も言われました。
緊張をほぐす為に、看護士さんが盛んに世間話をしてくれました。


痛さはというと。
堪えられない程ではないという印象でした。
正直、通水検査の方がよっぽど痛かった。
「つむじさんは痛みに強いのね~」
なんて褒められましたが
多分、本当にそんなに痛くなかったんだと思います。
麻酔が効きやすい体質だったのかな???


終わったときは本当に安心しました。困ったな絵文字名を入力してください


車椅子に乗せられ、個室に帰ると
ベッドでダンナちゃんが寝ていた・・・。
てめえ!

人が怖い思いをしてるっていうのに
ちょっとリラックスしすぎなんじゃないの~?!と思いましたが
その姿を見て、やっとリラックスすることが出来ました。



長くなったので後半に続く・・・。




にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
 ↑  ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。。+゚(●´v`人゚+。
赤ちゃん待ちブログがたくさんあって勉強になりますよ。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。